\全国一律送料無料/ 最安値販売!安心の税込価格!

大西 信彦(Nobuhiko Onishi)

免疫マクロファージを中心とした免疫活性方法の研究を通じて、ミネラルを中心とした栄養素の必要性や役割を成果とした。新しい免疫機能として、リンパ球のナチュラルキラー細胞(NK細胞)やキラー細胞とのコラボレーションによって、マクロファージが活性化され強い免疫機能が発揮されることを発見した。
専門分野としては、腸内細菌をベースとした各種病原菌のサルモネラ、赤痢、コレラ、黄色ブドウ球菌などの感染発症メカニズムの解析を研究。また、腸チフスの感染実験を用いて感染防御機構の解明。
この背景には、慶應義塾大学微生物学教室の、故小林教授の唱えた細胞性免疫理論を解明すべく、歴代教授のあとを継いで、細胞性免疫の本体である細網内皮系(RES)の細胞、特に肝マイクロファージについて研究を重ねてきた。マイクロファージ内に取り込んだ細胞内感染菌の殺菌メカニズムは、活性酸素、特にO−がその主要因子であることを突き止めた。

著作:「常在菌叢による宿主反応性の修飾」 博士論文
「無菌マウス腸管内 Candida albicans 単独感染に及ぼす Cortisone acetate の影響について」 ジャーナル 真菌と真菌症
「無菌動物の取扱い方-(1)(2)」 感染症学雑誌 他


1997年~現在/チーム食医 チームリーダー
1988年/東海大学医学部微生物学教室講師
1984年/慶応義塾大学医学部 医学博士取得
1965年/麻布大学獣医学部獣医学科獣医学士 第7116号取得
腸内細菌をベースとした各種病原菌の感染症メカニズムの解析が専門分野。感染予防機構を解明、新しい免疫機能として、リンパ球のNK細胞やキラー細胞との連携により、強い免疫機能が発揮させることを発見。免疫活性方法の研究を通じ、各食材が持つ栄養素の必要性や役割に関する成果を出す。